アルブチンの美白効果

美白成分「アルブチン」は国に美白効果が認められたものの1つ。

元々は資生堂が開発した美白成分で、コケモモに含まれています。

アルブチンの大きな特徴は、メラニン生成に関わる“チロシナーゼ”に働きかけること。

チロシナーゼはメラニン色素合成の元になる酵素ですが、アルブチンにはチロシナーゼの作用をおさえる効果があるのです。

シミを作り出すメラニンの合成を阻害するため、予防の観点からは非常に優秀な美白成分いえます。

シミやくすみはできる以前の対策が大事ですが、アルブチンはそれらのケアにとって頼もしい存在と言えるでしょう。

アルブチンは安全性も高いとされており、美白化粧品によく使われるのも特徴です。

まとめ
アルブチンにはチロシナーゼの働きを抑えてメラニンの生成を阻害する美白効果があり、比較的安全性の高い成分と言われています。

出典 アルブチンとは…成分効果と毒性を解説 | 化粧品成分オンライン
美白効果が認められた成分「アルブチン」|くすりの健康日本堂
「美白」効果のある成分はどんな成分?| 美容成分辞典 | 資生堂グループ企業情報サイト

タイトルとURLをコピーしました