クレンジングと肌乾燥との関係

当たり前のように使っている「クレンジング」、肌乾燥の一因になっているかもしれません。

クレンジングはメイク落としに欠かせないスキンケアです。

一般的なメイクは油性の汚れなので水だけでは落ちにくいのですが、クレンジングに含まれる界面活性剤の働きで水に溶けやすくしています。

界面活性剤の中には肌への負担が大きいものがあり、角質層の潤いを奪いやすくなるという報告もあるほど。

角質層の潤いが減少すればバリア機能に悪影響となり、肌乾燥が進む恐れがあります。

肌の乾燥を悪化させないクレンジングを行うには、あなたに合うクレンジング剤を選ぶことや、正しい洗い方を身につけるのがポイント。

クレンジング剤にはメイクごとに相性の良い種類があるので、使い分けをするのも重要です。

クレンジングと上手に付き合うことは、肌乾燥の予防と楽しいメイクを両立する秘訣と言えるでしょう。

まとめ
クレンジングに含まれる界面活性剤の中にはバリア機能を傷つけやすいものもあるため、正しい方法で洗うほか種類ごとの使い分けなど工夫が必要です。

出典 皮膚洗浄方法の角層バリア機能に及ぼす影響について
敏感肌レポート(基本編)界面活性剤は、肌に負担を与える原因に?|敏感肌研究室|Arouge(アルージェ)

タイトルとURLをコピーしました