季節に合わせた乾燥対策を行おう

あなたは季節ごとに適切な乾燥対策ができていますか?

春夏秋冬によって、肌に与える影響は様々に異なります。

例えば温度や湿度。

湿度が低いと空気が乾燥しているため、肌の潤いも失われやすくなるのです。

冷たい風は肌の血流を停滞させ、乾燥だけでなくくすみや冷えの原因に。

冬場ほど乾燥対策を強化する必要がありますが、温度と湿度以外にも季節特有のポイントに注意しなくてはなりません。

春なら花粉、夏なら強烈な紫外線などがあげられます。

ここに年齢や体質ごとの特徴も加われば、単純に同じ乾燥対策ばかりしていれば良いものではないとわかるはず。

冬だけ乾燥対策を行えば大丈夫、というのも極端でしょう。

ケアをおろそかにしていれば、どの季節でも乾燥トラブルに見舞われる恐れは十分考えられます。

まとめ
季節による湿度や温度などの違いから肌への影響は異なり、季節ごとに注意すべき点もあるため、その時期に合った乾燥対策が必要です。

タイトルとURLをコピーしました