タンパク質で肌乾燥を予防

乾燥を予防するために必須の栄養素といえばタンパク質です。

タンパク質は肌そのものの主原料となる重要な栄養素。

分解されてアミノ酸になりますが、これは角質層の潤い成分を構成する成分でもあるのです。

タンパク質が不足すると健康的な肌細胞が作られないだけでなく、保湿成分の減少にも繋がると言えます。

タンパク質は肉、魚、大豆に豊富な成分。

いずれかの食材に偏らないよう、ローテーションでバランス良く摂取するのが理想となります。

お肉で補給する際は、動物性脂肪が多くなり過ぎないよう脂肪と赤みの比率に注意しましょう。

魚の中でも鯖やさんまといった青魚には良質な油分が含まれるので、調理時に油を落としすぎないのがおすすめです。

大豆でのタンパク質補給は、納豆や豆腐など加工品で摂取すると食べやすいですね。

過度なダイエットなどでタンパク質が不足しないよう注意し、適量を取り入れて乾燥予防に役立ててください。

まとめ
アミノ酸で構成されるタンパク質は肌や角質層の潤い成分の元になる重要な栄養素なので、肉・魚・大豆製品などからバランス良く摂取しましょう。

出典 乾燥肌を改善する食べ物~体の内側から保湿力を高めよう!~-ドクターシーラボ公式通販
【管理栄養士監修】乾燥肌を改善する食べ物|冬でも内側から潤う美肌になれる28の食材 – Vera
NMF(天然保湿因子)は保湿に大切!表皮の角質にある成分 | エイジングケアアカデミー

タイトルとURLをコピーしました