肌乾燥と睡眠の関係

寝不足が続くと肌がカサつく、それは気のせいではありません。

睡眠と肌の状態には深い関わりがあり、眠り方次第で乾燥を寄せ付けない肌にも近づけるのです。

ぐっすり眠れない、夜更かしなどで睡眠不足が続くと、肌の生まれ変わりが促進されません。

就寝中には成長ホルモンの分泌が増加しますが、これが新たな肌細胞の生成と関係しているためです。

さらに睡眠不足は体に大きなストレスとなり、その影響でターンオーバーが乱れる、潤い成分が減少しバリア機能も弱くなるなど乾燥の悪化要因が増えます。

睡眠不足による肌乾燥を防ぐためには、体に合った睡眠時間をとる、熟睡するなど、適切な時間とその質がポイントに。

寝つきが悪い場合は、寝る前にスマホやPCを見るのは控え、ホットミルクなどの温かい飲み物で体をリラックスさせるのがおすすめです。

ダラダラ長く眠れば良いものではないので、スッキリ目覚められる睡眠時間の確保、ぐっすり眠れる寝具や環境を整えることを意識しましょう。

まとめ
睡眠不足は成長ホルモンの低下によるターンオーバーの乱れを招くほか、ストレス過剰でバリア機能を弱くする恐れがあるため、睡眠の質と時間を適切に保ち肌乾燥を予防しましょう。

出典 乾燥肌と睡眠は関係あるの? – NATURAL ELEMENTS The Beauty
【ドクターズコラム】カサカサ肌と睡眠の深い関係 – RAYCOP
気候だけが原因ではない!? その乾燥肌、もしかしたらストレスが原因かも……|「マイナビウーマン」