肌乾燥とストレスの関係

慢性的なストレスは、肌乾燥を悪化させる恐れがあります。

血流の低下や活性酸素の増加などを引き起こすストレス。

血液の流れが悪いと肌のくすみやターンオーバーの乱れにつながり、潤いを維持できる元気な肌が保てません。

活性酸素も同様に、増えすぎると健康な肌に悪影響となる物質です。

ストレスを感じると潤い物質であるセラミドが分解されたり、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分も減少すると言われています。

保湿や肌の張りに不可欠な成分が不足すれば、乾燥やそれによるシワ、たるみを引き起こすリスクも高まるでしょう。

精神的なストレスだけでなく、冷たい風にあたる、皮膚を擦るなどの物理的なストレスにも要注意。

肌に大きな負担となるストレスは、バリア機能の破壊やターンオーバーを乱す引き金になるのです。

趣味や運動で適度にリフレッシュし、NGなケアなどで物理的なストレスを増やさないよう気をつけましょう。

まとめ
過剰なストレスは血流悪化や活性酸素の増殖を招くほか、潤いや張りに関わる成分の減少に繋がる恐れもあるため、心身いずれにも影響を及ぼすストレスを減らし肌乾燥を予防しましょう。

出典 そのイライラで肌は内側から乾いている!現代女性の「ストレス性乾燥肌」|オフラボ(メディプラス研究所)
気候だけが原因ではない!? その乾燥肌、もしかしたらストレスが原因かも……|「マイナビウーマン」
ストレスが肌にでるってほんと? | 資生堂ビノラボ | 資生堂グループ企業情報サイト