肌乾燥を招きやすい生活習慣

当たり前と思っている生活習慣に、肌乾燥を招く要素があるかもしれません。

冷暖房の使いすぎ、直接風に当たるような使い方をしているなら危険。

温風や冷風に当たりすぎると肌の潤いが奪われ、カサカサ肌を助長します。

暖房を使用するときは湿度とのバランスも意識し、冷房の場合は体を冷やして血行不良にならないよう注意しましょう。

お風呂の入り方も肌乾燥を左右するポイント。

熱々のシャワーや湯船は肌のバリア機能を壊すリスクが高く、乾燥を悪化させてしまいます。

生活習慣の軸になる食事と睡眠も、乾燥予防にとって重要です。

暴飲暴食や睡眠不足が続けば、乾燥はもちろんニキビや毛穴開き、シミなどあらゆるトラブルの元に。

できる範囲で乾燥を招くNGな習慣を改善していき、お肌の健康を守ってください。

まとめ
肌乾燥を招きやすい生活習慣には、冷暖房の使いすぎ、NGな入浴、乱れた食事や睡眠などが挙げられます。

出典 【保存版】セルフでできる乾燥肌対策!カサつき肌になってしまう原因って…? | 一般社団法人 日本セルフ美容協会

タイトルとURLをコピーしました