インナードライを招くNG習慣

間違ったスキンケアや習慣は、インナードライの引き金になる恐れがあります。

インナードライは脂性肌との見分けがつきにくいため、皮脂をどうにかしようと洗いすぎる危険性が。

本当は乾燥が原因なのに、洗いすぎでさらに潤いが奪われるとターンオーバーの乱れを加速させてしまうでしょう。

脂性肌向けの強力な洗顔料を使う、皮脂をしっかり落としたいからと熱いお湯で洗うなどの行為も同様です。

べたつくから保湿は控えめにしているという場合も、乾燥に対するケアが不十分と考えられます。

ターンオーバーを乱す要素はスキンケアだけでなく、睡眠不足、過剰なストレス、偏った食事などライフスタイルの中にも潜んでいるのです。

まずはこうしたNG因子を取り除き、丁寧な保湿と正しいスキンケアで肌状態を改善していきましょう。

脂性肌との違いを知り、インナードライ肌であることを把握するのもポイント。

ニキビなど皮脂過剰で起きやすいトラブルと、皮めくれなど乾燥によるトラブル、双方が起きているかが判断目安の1つとなります。

そのほか洗顔回数の多さや洗う強さなど、NGな行為を続けているなら要注意です。

まとめ
間違ったスキンケアや乱れた生活習慣はインナードライを招きやすい要素となるため、肌状態をしっかり把握して正しいケアに切り替えましょう。

タイトルとURLをコピーしました