インナードライへの対策

乾燥やターンオーバーの乱れで起こるインナードライ肌。

主な対策は、肌に必要な潤いを十分与える、肌に無用な刺激を与えないことです。

インナードライによって皮脂過剰が起こるのは、角質層の潤いが足りていないことが理由と考えられます。

油分も水分もバランスよく必要ですが、インナードライの場合は水分不足の可能性が。

まずは化粧水をたっぷりとつけて肌を整え、美容液などの潤い成分を浸透させるところから始めましょう。

皮脂が気になる方は、クリームや乳液類の量を調整する、あっさりタイプを使用するなど工夫をしてください。

洗いすぎや熱いお湯での洗顔、ゴシゴシ擦るなどの余計な刺激は角質層を傷つけ、ターンオーバーを乱す元に。

正しい洗顔にシフトするとともに、洗顔料との相性確認、肌を擦る癖が習慣になっていないか見直しましょう。

良質な睡眠、バランスのとれた食事など、スキンケア以外の対策も意識できると理想です。

まとめ
インナードライ肌への主な対策は、丁寧な保湿と正しいスキンケアで、特に保水を意識するほか生活習慣なども見直しましょう。

タイトルとURLをコピーしました