インナードライの主な原因

厄介な肌状態であるインナードライ、根本的な原因を知っていますか?

インナードライになると見た目では皮脂が多いため、皮脂過剰が原因だと思いがちです。

しかし皮脂過剰を招いているのは肌内部が乾燥しているから。

主に角質層の潤い成分が不足することで、それを補うために皮脂が多く分泌されている状態です。

インナードライの本当の原因は、潤い不足による乾燥であり、乾燥と相互関係にあるターンオーバーの乱れです。

乾燥が進んでターンオーバーが乱れ、未熟な肌細胞が増えてインナードライが進む、逆にターンオーバー乱れることで乾燥が悪化する。

このような悪循環によってインナードライ肌になってしまいます。

乾燥やターンオーバーの乱れを招く理由には、洗いすぎなどの過剰なスキンケア、明らかな保湿不足といったものがあげられます。

特に過剰なスキンケアについては、オイリー肌と勘違いすることで陥るケースが。

何度も洗顔する、ゴシゴシ擦る、洗浄力の強い洗顔料を使うなどがその一例です。

インナードライ肌を改善するには、乾燥やターンオーバーの乱れを解消するスキンケアが基本となります。

まとめ
インナードライの主な原因はターンオーバーの乱れや乾燥悪化によるもので、それを招く理由には間違ったスキンケアなどがあげられます。

タイトルとURLをコピーしました