インナードライの主な症状

肌内部は乾燥、表面は皮脂が多い状態のインナードライ。

インナードライ肌になると、顔のテカリ、肌のがさつき、ニキビ、皮めくれなど、皮脂や乾燥に関わるトラブルが多くなると考えられます。

実際に筆者がインナードライと思われる状態だった頃は、ニキビや皮めくれといった症状が多く発生していました。

見た目ではオイリー肌のように感じるので、つい皮脂へのケアばかりに目が向きがちに。

しかしそれだけでは根本的な改善に繋がらず、トラブルの悪化を招く恐れすらあるのです。

例えば皮脂を落とそうと洗浄力の強い洗顔料を多用すれば、内部の乾燥がさらに進行してバリア機能が今以上に低下する恐れが。

バリア機能が衰えれば潤いの流失は避けられず、外部からの刺激にも敏感になり肌荒れが増えるリスクも高くなります。

インナードライかもと思う症状を感じたらむやみに皮脂を取り除こうとせず、まずは基本的な保湿ケアに注力する必要があるでしょう。

まとめ
インナードライ肌の主な症状は、ニキビやテカリ、皮めくれやがさつきなど、オイリー肌と乾燥肌で起こりやすいトラブルがあげられ、判断を誤ってケアをするとさらなる悪化のリスクも考えられます。

タイトルとURLをコピーしました