手を乾燥させるNG習慣

 

知らないうちに手を乾燥させるNG習慣を送っていませんか?

手の乾燥が進む原因の1つといえば、食器洗いなどの水仕事。

特に冬場は熱めのお湯を使う方もいるかもしれませんが、高温すぎると手のバリア機能を破壊しやすくなります。

洗剤の影響も大きいため、手指を保護する手袋を着用するのが理想です。

清潔を維持するのは大切ですが、過剰に洗いすぎるのも危険。

 

何度も手を洗うことで潤いが流失してしまい、カサカサ手肌を招いてしまいます。

偏った食事や睡眠不足などが続いているなら要注意です。

これらは肌だけでなく全身の健康に悪影響なため、手の美容にもマイナスになると言えるでしょう。

年齢や季節に合ったケアができていないのも問題。

顔と同じく、手にもその時の状況に適したお手入れが必要です。

加齢の進行とともに化粧品を見直したり、冬場はほかの季節以上に保湿を強化するなど、臨機応変な乾燥対策を心がけましょう。

まとめ
手を乾燥させるNG要素には、熱いお湯の多様や手袋なしの水仕事、手の洗いすぎ、乱れた生活習慣や状況に合っていないケアなどがあげられます。

タイトルとURLをコピーしました