爪の乾燥と主な症状

手指の乾燥だけでなく、「爪」の状態にも気を配りましょう。

爪は指先の角質が変化した付属器官で、ケラチンというタンパク質が主成分です。

乾燥により爪の水分が失われると、割れやすくなる、縦線が入るといったトラブルが起こる場合が。

乾燥した爪は衝撃に弱くなるため、日常生活での動作などがキッカケで割れが生じてしまうのです。

爪の縦線は加齢によって起こると言われますが、これも年齢を経て爪の水分量が減少していくのが一因。

割れや線が入った爪だと指先の印象が大きく違って見え、ビジュアル的にもマイナスになってしまうでしょう。

女性はネイルを楽しむ人も多く、日頃から爪に負担をかけてしまいがちです。

爪へのダメージを最小限に抑えながら、必要なケアを取り入れて美しい爪をキープしていきましょう。

割れ方や変色など、症状によっては疾患の可能性があるため、気になる場合は必ず専門医に相談してください。

まとめ
爪の乾燥が進むと割れやすくなる、縦線が入るなど見た目にマイナスな影響を与える恐れがあるほか、症状によっては疾患のリスクもあるので、気になる場合は病院を受診してください。

出典 爪にシワ?縦線・横線の原因と改善のエイジングケア対策 | エイジングケアアカデミー
二枚爪・割れ爪の原因と予防 | 貝印のツメキリポータルサイト
爪の病気 – 皮膚科Q&A(公益社団法人日本皮膚科学会)

タイトルとURLをコピーしました