手の乾燥と主な症状

意外と見られている「手」、乾燥気味ではありませんか?

手の乾燥が進むと、ガサガサする、シワが目立つ、ひびやあかぎれが発生するなど様々なトラブルに繋がる恐れがあります。

乾燥した肌は弾力が失われ、バリア機能が低下。

感触が悪くなる以外にも、外部からの刺激に弱くなってしまいます。

冬場になると湿疹や手荒れが起きてしまうのも、乾燥によるバリア機能の低下が理由と考えられるでしょう。

そのまま放置しておくとひびが発生したり、亀裂が深くなってあかぎれに発展すれば痛みや出血を伴うことも。

かゆみが出る場合もあり、ついかきむしって症状を悪化させてしまうケースもあるのではないでしょうか。

手はただでさえ水仕事や紫外線などのダメージを受けやすいパーツなので、意識的なケアが必要となります。

負担となる刺激を極力抑え、乾燥を改善する保湿ケアを徹底しましょう。

まとめ
手が乾燥するとガサつき、湿疹、ひび、あかぎれなど様々なトラブルに繋がる恐れがあるため、少しでもダメージを抑えて保湿ケアも行いましょう。

出典 【部位別】ひび・あかぎれの主な症状 | ロート製薬: 商品情報サイト
花王株式会社 スキンケアナビ 上手なボディケア 手のケア

タイトルとURLをコピーしました