オイルで肌乾燥は予防できる?

近年話題のオイル美容で肌乾燥は予防できるのでしょうか。

オイル美容による保湿ケアには、スキンケアの最後に塗布したり、ブースターとして用いる方法があります。

油分であるオイルを最後に塗布すれば不足している皮脂を補い、肌をしっとりさせてバリア機能をサポートする働きが期待できるでしょう。

ブースターとしての美容オイルは、洗顔後最初につけることで肌を柔軟にし、あとにつける化粧品の浸透を促す意味があります。

ただしオイルは油分なので水分を弾く性質があり、化粧水など大部分が水の化粧品は浸透しにくくなると考えられるでしょう。

オイルをつけると感触として肌が潤ったように思えますが、実は乾燥しているケースもあるので注意が必要。

肌は油分だけでなく水分量も大切ですが、オイルでは水分を補給できません。

しっとりした感触だけで保湿できたと思っても内部では水分が足りず、乾燥や皮脂過剰などのトラブルにつながる恐れもあるのです。

オイルを保湿ケアとして使う場合は水分量とのバランスをとりながら適切な量を使用するほか、オイリー肌など相性が悪いタイプもあるので注意してください。

まとめ
オイル美容での保湿ケアやブースターやスキンケアの最後に塗布する方法がありますが、水分が足らず油分過剰になる恐れもあるので使用方法に注意し、肌との相性も考慮しましょう。

出典 オイル美容で保湿はできない!乾燥肌には逆効果になる美容オイルの注意点とは?
正しい美容オイルの使い方!間違えると老化肌に!? [アンチエイジング] All About

タイトルとURLをコピーしました