化粧水で肌乾燥は予防できる?

乾燥予防の観点から「化粧水」は本当に必要なのでしょうか。

化粧水の主な役割は角質層に潤いを与えたり、柔軟性を高めるといった効果。

しかし、化粧水の大部分は水でできているため、保湿効果は一時的なものに過ぎません。

それでも化粧水が注目される理由は、角質層を柔らかくして状態を整え、次に塗布する保湿成分の浸透効果を高める働きがあるため。

乾ききった土壌に栄養を与えても効率が悪いのと同じで、洗顔後の潤いが減少した肌にそのまま保湿成分を塗っても浸透性が低いのです。

化粧水で乾いた肌に水分を与えることでふっくらとした状態になり、後につける美容液などの本来の効果が発揮されやすくなります。

もちろん水以外にも様々な保湿成分を配合した化粧水がありますが、基本は高い保湿効果を期待するものではないことを念頭に置いておきましょう。

化粧水単体での乾燥予防効果は高くないものの、保湿成分をしっかり得る上では大切なアイテムであるため、必要に応じての使用をおすすめします。

まとめ
化粧水には一時的な保湿効果以外に、角質層を柔軟にして後につける成分の浸透性を高める効果が期待できるため、乾燥予防効果を高めたい場合はほかの化粧品と合わせて使うのがおすすめです。

出典 化粧水の効果とは?種類や正しい使い方をおさらいしよう!-ドクターシーラボ公式通販
なんのために化粧水を使うのか?化粧水の役割とメリット | PULCH

タイトルとURLをコピーしました