乾燥を予防する基礎化粧品の使い方

基礎化粧品の使い方1つで、肌乾燥の予防効果が変わるかもしれません。

基本の使い方で重要なのが、基礎化粧品を用いる順番。

クレンジングと洗顔をした後、正しい順序で化粧品を塗布することでそれぞれの役割を果たすことができます。

クリームをつけてから化粧水を塗布しても油分で弾かれますし、洗顔後の乾燥した肌に美容液を塗っても保湿成分が効率よく届かない恐れが。

化粧水で肌を整え、美容液で有効成分を与え、乳液やクリームで油分を補い閉塞効果で水分の蒸発を防ぐのが基本となるでしょう。

化粧水の前にブースターオイルを使用する場合などは例外です。

化粧品の量は、製品や肌タイプに合わせて適量を心がけてください。

パックなどのスペシャルケアを行う際にも使用方法をよく確認し、パックする時間や手順に注意を払うこと。

放置しすぎるとパックが乾いて肌の潤いまで奪う危険があるので、必ず使い方をチェックしてから実践しましょう。

同じ基礎化粧品を使うにしても、正しい方法にシフトすることで乾燥予防の効率が高まるはずですよ。

まとめ
基礎化粧品をつける順番、適切な量、製品ごとの正しい使い方を守ることで、効果的な乾燥予防につなげることができます。

タイトルとURLをコピーしました