基礎化粧品の役割

化粧水や乳液など、お肌のケアを目的として使うものを「基礎化粧品」と呼びます。

基礎化粧品の主な役割は、肌の清潔、保湿、美白など、健康的で美しい肌のサポート。

代表的な基礎化粧品は、洗顔料とクレンジング、化粧水、美容液、乳液やクリームに分けられます。

メイクを落とすクレンジング、余計な皮脂や汚れを落とす洗顔料は、スキンケアの最初に使う基礎化粧品です。

一般的には、洗顔後一番につけるのは化粧水。

肌に潤いを与えて柔軟性を高め、次につける基礎化粧品の浸透を高める働きがあります。

美容液には文字通り美容成分が凝縮されているので、乾燥を予防したい場合は良質な保湿成分にこだわって選ぶのがおすすめです。

乳液やクリームは油分を含んだ基礎化粧品で、スキンケアの最後につけるのが通常です。

含まれている保湿成分で肌に潤いを届けるだけでなく、水分の蒸発を防ぐのにも役立ちます。

クリームの中には油分を含まないタイプ、油分が多いタイプなど種類により特徴が異なるので、選ぶ際のポイントにしてください。

複数の基礎化粧品を組み合わせることで、それぞれが肌に嬉しい効果を発揮。

ただし肌との相性が良いことが前提なので、肌タイプや環境などに応じて適切な基礎化粧品を使用しましょう。

まとめ
基礎化粧品は健康的な素肌美をサポートするアイテムで、種類ごとに役割が異なるためあなたの肌に合ったものを適切に使用してください。

タイトルとURLをコピーしました