肌乾燥とバリア機能

肌の乾燥と「バリア機能」は密接に関係しています。

バリア機能とは、角質層による肌の保護システムのこと。

角質層に水分と油分がしっかりと確保・維持されることで、外部の刺激などから体を守るバリア機能が正常に稼働します。

保湿が行き届いた角質層は天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質などで満たされており、外敵の侵入や潤いの流失を防いでいるのです。

皮膚が乾燥すると角質層の潤いも減少し、バリア機能が低下。

様々な刺激から弱くなり、かさつきや粉吹き、かゆみやニキビといった肌荒れを引き起こしやすくなります。

乾燥をしっかりと防げば、バリア機能が正常に作用し皮膚が健康でいられるのです。

肌トラブルの多くは乾燥が原因と言われますが、その大きな理由はバリア機能の状態に関わるため。

お肌を乾燥させないことは、肌の健康を意味すると言っても過言ではないでしょう。

まとめ
角質層のバリア機能は皮膚を保護する重要なシステムですが、乾燥によって働きが低下するため、乾燥対策をしっかり行い肌の健康を維持しましょう。

出典 今日からできる乾燥肌のボディケア|肌トラブルとスキンケア|持田ヘルスケア株式会社
乾燥肌の症状・原因|くすりと健康の情報局

タイトルとURLをコピーしました