年齢に合わせた乾燥対策を行おう

あなたは年齢に合った乾燥対策ができていますか?

生活や環境は特に変化していないのに、これまでのケアでは乾燥する…これは今のお手入れが加齢に対応できていないのかもしれません。

年齢を重ねると皮脂の分泌量や体の水分量が減少し、肌は乾燥に傾きます。

ターンオーバーも長期化しやすく、新たな肌細胞への生まれ変わりが停滞。

乾燥以外にもシミ、シワが定着しやすく、肌機能が全体的に衰えるのです。

加齢によって肌の状態が変化するのに、若い頃と同じケアだけしても対応できないのは当然と言えるでしょう。

適切に乾燥対策を行うには、年齢による肌の変化に合わせたケアがポイント。

その時の肌に合った化粧品、ケアの手順、プラスαのお手入れなどを活用して、乾燥予防を徹底しましょう。

外側からのケアだけでなく、食事やライフスタイルなど内側からのケアを意識するのも大切です。

まとめ
お肌は加齢によって水分、油分が減少し乾燥する傾向にあるため、体の内外から年齢ごとに合った適切な乾燥対策が必要です。

タイトルとURLをコピーしました