シワができやすいNG習慣

シワが増えたなと思ったら、NG習慣をしていないか今すぐチェックすべき。

顔のシワを増やすNG習慣の代表が、紫外線へのケア不足です。

治りにくいシワの最大原因と言われる紫外線は、真皮の変性を起こし肌弾力を低下させます。

真夏だけでなく、一年を通して日焼け止めや日傘などのUVケアを行いましょう。

笑う時の特徴や眉間を寄せるなど、表情筋の動きもシワを癖づける要素の1つ。

肌弾力が失われると表情の癖でついたシワが取れにくくなるので、無用な癖は改善を。

ゴシゴシ擦る、熱いお湯で洗う、保湿不足など間違ったスキンケアも、肌乾燥を招きシワを助長させます。

加齢によるシワは自然なものと言えますが、NG習慣が続くほど年齢以上のシワが発生するリスクも高まるでしょう。

まとめ
紫外線対策不足や間違ったスキンケアを続けると、自然な加齢の影響以上にシワができる恐れがあります。

タイトルとURLをコピーしました