シワと形状記憶

顔の中でも、特に目元や口元のシワが気になってはいませんか?

これらはよく動かすパーツであり、シワができやすいと言われる部位。

表情が出やすい部分は、動きの癖がシワとなって形状記憶のように刻まれる恐れがあります。

眉間にシワを寄せるなどの癖がある人は、すぐに改善しましょう。

肌に弾力や張りがあるうちは、表情の変化でシワができてもすぐ元に戻るもの。

紫外線の影響や加齢で弾性の低い肌になると、表情を変えなくても癖となって残るリスクが高くなるでしょう。

肌の弾力低下は真皮の変性によって起こりますが、その場合は癖を直すだけでシワをなくすことは困難。

有効成分や美容医療など、真皮へアプローチするケアが必要となります。

まとめ
表情の動きが活発なパーツは癖によってシワができやすいうえ、真皮の変性によって元に戻らなくなる恐れがあります。

タイトルとURLをコピーしました