食べ物からの紫外線対策

紫外線による光老化を防ぎたいなら、食べ物からのケアも意識するべし。

夏野菜には色鮮やかなものが多いですが、夏の強烈な紫外線から自らを守るための栄養が豊富な証と言われています。

代表的な成分がトマトのリコピン。

紫外線の影響で増える活性酸素をおさえ、メラニンの発生を防ぐなどの効果が期待できます。

一般的に加工用として作られるトマトは真っ赤に熟して栄養が凝縮されていますから、トマトジュースやケチャップでの摂取がおすすめですよ。

同じ夏野菜のピーマンにはビタミンCが豊富なので、光老化だけでなく美白対策にも◎。

ナッツ類に多いビタミンEにも強力な抗酸化作用があります。

特に紫外線量が多い日にはこれらの食材を活用するほか、肉や魚、海藻や発酵食品など様々なメニューをバランス良く取り入れましょう。

まとめ
基本はバランスの良い影響摂取で健康な肌を維持し、トマトやピーマンなどの夏野菜は踏み込んだ紫外線ケアとしておすすめです。

出典 まるで食べる日焼け止め?トマトのパワーとリコピン | 美白化粧品のSONOKOオンライン通販ショップ

トマト加工品について/トマト加工品について:一般社団法人 全国トマト工業会

タイトルとURLをコピーしました