紫外線による老化現象

紫外線を浴び続けると、様々な肌老化のリスクが待っています。

波長の長い“UV−A”は真皮にまで働きかける紫外線。

真皮のコラーゲンやエラスチンなどにダメージを与え、肌の張りや弾力を失わせます。

張りや弾力のない肌はたるみやすく、シワも刻まれやすくなることに。

波長は中間の長さですが、毒性の強い“UV−B”は日焼けの要因となる紫外線です。

メラニンを活性化させるため、日焼けで肌が黒くなるだけでなくシミの元にもなってしまいます。

繰り返し強い紫外線を浴び続ければ、体を保護するため角質層が厚くなると考えられます。

余計な角質は毛穴を塞いでトラブルの元となったり、ごわつきや乾燥悪化など老化以外の肌悩みにも発展するでしょう。

まとめ
紫外線を浴び続けるとシワやたるみ、シミなどの老化症状が現れやすくなるほか、角質肥厚や毛穴トラブル、乾燥などのリスクも懸念されます。

タイトルとURLをコピーしました