光老化の仕組み

肌老化の原因、ほとんどが紫外線によるものだと知っていますか?

紫外線を浴びて起きる「光老化」は、肌が老化する原因の80%とも言われています。

紫外線は波長の長いUV−A、中間のUV−B、波長の短いUV−Cの3種類です。

このうち肌へ影響を与えるのがUV−AとUV−Bとされ、より毒性が強く皮膚ガンの一因とも言われるのがUV−B。

UV−Aは波長が長い分真皮まで影響を与えやすく、コラーゲンやエラスチンの変性にも大きく関わっています。

真皮の成分が変性すると、肌の張りや弾力が低下。

日焼けを引き起こすUV−Bはメラニンを活性化させ、シミの元となります。

こうした紫外線の影響で肌の老化が進行するのが、光老化の主な仕組みなのです。

まとめ
光老化は紫外線の影響で肌が老化することを指し、真皮の変性を起こすUV−A、シミの元となるメラニンを増やすUV−Bが関係しています。

タイトルとURLをコピーしました