食べ物からのたるみ予防

何気なく食べているその食事、たるみ対策を意識していますか?

張りの状態を左右する真皮のコラーゲンには、ビタミンCが欠かせません。

パセリやピーマンなど身近な食材に含まれるので、こまめな摂取を意識しましょう。

あごやフェイスラインのたるみには、咀嚼を多く必要とする食べ物がおすすめ。

噛むことで口やあご周辺が鍛えられるので、ナッツ類や繊維の豊富な野菜などをよく噛んでいただきましょう。

ビタミンCとナッツ類に豊富なビタミンEには、活性酸素を除去する抗酸化作用が豊富。

真皮を変性させる活性酸素の働きを抑え、たるみ予防につながるでしょう。

最近ではコラーゲンペプチドという低分子化コラーゲンの経口摂取も、真皮のコラーゲン増加効果が期待されるように。

これさえ摂っていれば良いという成分はないので、たんぱく質やミネラル、他のビタミン類などとのバランスも考慮してください。

まとめ
たるみ対策にはビタミンCの豊富なパセリやピーマン、真皮の活性化に役立つ成分を意識し、栄養バランスのとれた食事をよく噛んで食べましょう。

タイトルとURLをコピーしました