たるみと肥満の関係

まだ若いから顔のたるみとは無縁…そう思っていませんか?

若年層でも肥満体型の人は顔の皮膚がたるみやすくなります。

太ると顔にも脂肪がついてしまい、その重みで皮膚が引っ張られることに。

通常は筋肉で支えられている皮膚ですが、余計な脂肪がつき過ぎれば支えきれずたるんでしまうことも考えられます。

特に普段から無表情で顔の筋肉を使っていないと、表情筋も衰えやすくなるもの。

太っていて表情筋の力が弱くなっている場合は、皮膚たるみのリスクも高くなってしまうでしょう。

これらは年齢に関係なく、NGな生活習慣やケア不足によって引き起こされます。

若いうちから適度な運動で肥満を予防し、表情筋トレーニングを習慣化することもたるみケアにつながるのです。

まとめ
若くても肥満による脂肪増加でたるみが起きるリスクは上がり、表情筋の衰えでさらに危険度が高まると考えられます。

タイトルとURLをコピーしました