睡眠の質が老化の原因?

アンチエイジングや健康の鍵を握る「睡眠」。

抗老化の観点からすると、寝不足も寝過ぎも体に良くないと言われています。

睡眠不足や睡眠のとり過ぎは、脳の認知機能低下を招くというのです。

加齢による脳の老化は自然な現象ですが、睡眠のとり方次第では年齢以上の脳老化も考えられるということ。

時間だけでなく質も重要で、適正時間眠っていても眠りが浅い、ぐっすり眠れていないと体に悪影響を与えてしまうでしょう。

睡眠中には細胞の修復や活性酸素の除去などが行われますが、質が悪いとこれらがうまく作用しないことも考えられます。

理想的な睡眠時間は7時間前後と言われますが、年齢や個人差によっても異なるもの。

寝起きの状態などをチェックして、スッキリ目覚められる睡眠時間と質の確保を目指しましょう。

まとめ
睡眠は不足も過剰も脳の老化を招く恐れがあり、睡眠の質も重要なため、自分に最適な睡眠を確保して老化を予防しましょう。

出典 寝不足より怖い?!寝過ぎがもたらす脳の老化 | 眠りのお話|眠りの専門店 市田商店
睡眠不足は脳の老化を早める 睡眠の時間と質を高める工夫が必要 | 最近の関連情報・ニュース | 一般社団法人 日本生活習慣病予防協会
No.2 睡眠が体や脳にもたらす重要な役割 脳の休息に心身のメンテナンス | Sleepdays inc.Sleepdays inc.

タイトルとURLをコピーしました