食べ物以外の糖化対策

老化の引き金と言われる糖化は、食べ物以外での対策もポイントです。

糖化で増える毒素“AGE”の増加をおさえるには、血糖値のコントロールが大切。

食後の1時間は血糖値が上がりやすいタイミングですが、その時に軽い運動を行えば血糖値の上昇抑制につながります。

急激な運動や運動直後の糖分摂取は、逆に血糖値が上がりやすいのでご注意を。

喫煙や過度なストレス、紫外線の浴びすぎなどもAGEを溜め込む一因と言われています。

タバコを吸っている人はできるだけ控え、良質な睡眠などでストレス解消を心がけましょう。

紫外線は一年を通して対策を行うことで、光老化による肌トラブルも予防できます。

まとめ
食後の軽い運動で血糖値上昇をおさえるとAGE蓄積を防げるほか、禁煙やストレス除去、紫外線対策も糖化予防効果が期待できます。

出典 AGE(終末糖化産物)を増やす生活・減らす生活|AGE測定推進協会
老化の原因「糖化」を防止しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
あなたの体はコゲている?! 抗糖化ライフで老化予防!|元気通信|養命酒製造株式会社