調理方法で変わる糖化リスク

何気なく料理しているその方法で、糖化リスクは変わってしまいます。

糖化は体の老化を促す“コゲ”と言われますが、食材を熱した時に発生するコゲ目が糖化反応の証。

きつね色に色づくことで糖化が起こり、体をコゲさせるAGEが増えてしまいます。

食べ物に含まれるAGEは、温度の高い調理方法であるほど増加。

焼く、揚げることで増えやすく、蒸す、煮る、茹でる方がAGEをおさえられるのです。

同じ食材を使うにしても、調理方法に偏りがあるとAGEが溜まりやすい恐れが。

炒め物や揚げ物ばかりせず、水分を使う調理法や生での摂取もバランス良く取り入れましょう。

まとめ
糖化反応が強くAGEが増えやすいのは焼く、揚げる調理法なので、生食や茹でる、煮るなど温度を上げすぎない調理方法も適度に取り入れましょう。

出典 老化の原因「糖化」を防止しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
AGE(終末糖化産物)の多い食品・少ない食品|AGE測定推進協会