表情筋とは?

あなたが悩んでいる顔のたるみやシワ、その一因は“表情筋”の衰えかも。

表情筋とは顔の皮膚の下にある筋肉を指します。

笑う、泣く、怒るなど様々な表情を作るときに動いているのが表情筋です。

瞬きをする時に使う“眼輪筋(がんりんきん)”、噛む時にも必要となる“側頭筋(そくとうきん)”、口周りの動きに欠かせない“口輪筋(こうりんきん)”など、30以上の種類があると言われています。

普通の筋肉と違うところは、皮膚に筋肉がついているという点。

これにより少し筋肉を動かすだけで、眉間にシワを寄せるなどの細かい表情が出せるのです。

他の筋肉との共通点は、加齢とともに衰えていくこと。

衰えた筋肉ではその上についている脂肪や皮膚を十分支えられず、たるみやシワの元になってしまいます。

まとめ
顔の表情筋を作っている表情筋には様々な種類があり、衰えるとたるみやシワの一因になる恐れがあります。

出典 表情筋筋トレーニングの注意点と筋肉の名前と位置|新宿 小顔矯正 | 小顔たるみ矯正 プレジャーズ

タイトルとURLをコピーしました