老眼鏡の正しい選び方

老眼の症状が出始めたら、自分に合った老眼鏡の使用を検討しましょう。

まずは医療機関で症状の度合い、その他の疾患がないかを検査するなど、しっかり相談することが大事。

遠用、近用、遠近両用などの種類があるので、あなたの見え方や悩み、生活習慣に寄り添った老眼鏡選びをする必要があります。

レンズだけでなく、かけていても痛くない、違和感のないフレーム選びもポイントでしょう。

老眼鏡をかけると余計に目が悪くなる……というのは間違い。

老眼を早期に発見して適切に老眼鏡を使えば、生活への支障を減らせるのです。

眼科や専門店であなたに合う老眼鏡を購入したら、少しずつ使って体に慣らしていきましょう。

まとめ
老眼鏡は専門機関で適切なアドバイスを受けての購入が大切なほか、症状を感じたら早期に使用を始めることで生活を快適にしてくれます。

出典 老眼鏡の選び方 | 古川中央眼科
老眼鏡選びに関する正しい知識と、老眼鏡の度数|メガネスーパー 眼鏡(めがね、メガネ),コンタクト,サングラス,補聴器販売
9.使用目的に合ったメガネを | 40代で始まる目の老化 | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会

タイトルとURLをコピーしました