目の老化を招くNG習慣

日常生活にも支障をきたす目の老化、日頃の習慣が悪化の原因なのかも。

目への負担を増大させる習慣を続ければ、加齢による自然な症状以上に悪影響が出る恐れがあります。

中でも喫煙は血流を阻害させ、加齢黄斑変性症と呼ばれる眼病の理由になるケースも。

長時間TVを見たりゲームに夢中になるのも、目にとってはかなりの負担です。

水晶体の働きが鈍りやすく、若くしての視力低下にもつながります。

目をこするといった直接的な刺激もNG。

目は傷がつきやすい繊細な器官なので、汚れた手で触るなども控えましょう。

老眼の自覚があるのに何のケアもしない、というのも間違った対処。

まずは医療機関で相談し、老眼鏡などの適切な対策を検討しましょう。

まとめ
タバコや長時間のTV使用、目をこするなど物理的な刺激も目の負担を増加させるほか、老眼を放置したままにせず病院で相談しましょう。

出典 目のギモン|こどもeyeランド
6.老眼をほうっておくと? | 40代で始まる目の老化 | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会
加齢に伴う眼疾患?特に網膜疾病の病態と治療及び対策?|参天製薬