目の老化とは

目が老化するとは、具体的にどのような症状を指すのでしょうか。

スマホや新聞の文字がボヤけたとき、目から遠ざけることでピントが合うという人は「老眼」の傾向が考えられます。

加齢とともに目のピントを合わせる能力が低下することが、老眼の主な原因。

近くのものが見えづらくなる症状は、加齢による老眼の特徴と言えます。

老眼は40代頃から始まると言われており、特に病気ではなくても自然に起こりうる症状です。

目が乾きやすい、疲れやすいなど身近な悩み以外に、白内障や緑内障といった目の疾患も加齢が要因と考えられるケースがあります。

老化で視力が悪くなるということは、健康的で若々しい生活にも支障をきたす恐れがあるでしょう。

まとめ
目の老化とは近くのものが見えにくくなる「老眼」が主な症状で、加齢による眼疾患のリスク増加にも注意する必要があります。

出典 3.老眼はどんな症状から始まるの? | 40代で始まる目の老化 | 目についての健康情報 | 公益社団法人日本眼科医会
加齢に伴う眼疾患?特に網膜疾病の病態と治療及び対策?|参天製薬

タイトルとURLをコピーしました