魚でアンチエイジング

日本人に馴染みのある食材「魚」でアンチエイジングに取り組みましょう。

魚に含まれる老化予防成分といえば“EPA”です。

サバやアジといった青魚に豊富なEPAは、血液を綺麗にして血管を若く保つのに役立つ栄養素。

EPAは体内で作られない必須脂肪酸なため、食事からの摂取が重要となります。

スーパーでよく見かける鮭には、“アスタキサンチン”という成分が豊富。

鮭の赤身の元になっているアスタキサンチンには、強力な抗酸化作用があるのです。

魚には優秀な栄養が含まれている上、肉よりも低脂肪で良質なタンパク源といえます。

調理が面倒という人は缶詰の魚料理を利用すれば、骨まで柔らかくなっているので栄養を余すところなく摂取できるでしょう。

まとめ
EPAやアスタキサンチンなど、栄養豊富で良質なタンパク源となる魚たち、日々のアンチエイジング対策に取り入れましょう。

出典 EPAとは? | サラサラ生活向上委員会 | ニッスイ
秋の味覚「鮭」でアンチエイジングケア | Carju Rajah カージュラジャ エステティックサロン

タイトルとURLをコピーしました