ジャンクフードで老化が進む?

ジャンクフードを食べ過ぎると、老化リスクが高まる恐れがあります。

脂肪やカロリー、糖が多く、ビタミンやミネラルが極端に少ないのがジャンクフードの代表的な特徴です。

こういった食事は体の老化を促す糖化のリスクを高め、見た目以上に老けてしまう恐れも考えられます。

スナック菓子や揚げ物を食べるときに注意したいのが、酸化した油。

酸化した油は体内を老化させる“錆び”の一因になってしまい、アンチエイジングはおろか健康状態にも支障をきたす危険性があるのです。

ジャンクフードの摂りすぎは、脳の機能低下リスクが高まる、という研究報告もあるほど。

ジャンクフードの過剰摂取は抗老化だけでなく健康そのものに悪影響となるため、できるだけ控えてバランスの良い食事を意識するべきでしょう。

まとめ
ジャンクフードの過剰摂取は老化の原因となる糖化や酸化を起こしやすく、脳の機能低下を始め健康そのものを脅かす危険性があるでしょう。

出典 「ジャンクフード」は体だけでなく脳をも蝕む? | プレジデントオンライン
AGE(終末糖化産物)の多い食品・少ない食品|AGE測定推進協会