糖を多く含む食事で老化する?

体を焦がして老化を促す「糖化」をご存知ですか?

タンパク質や脂質が体内の糖と結びつくと糖化が起こります。

糖化により発生する物質が、老化の元になる毒素“AGE”。

AGEが増える要因の1つが、偏った食事内容なのです。

糖化は体内にある余計な糖によって引き起こされるため、甘いものや炭水化物に偏ったメニューは老けを助長することに。

普段から糖の多い食生活になっているあなたは、栄養バランスの見直しが必要でしょう。

直接AGEを摂取しているケースも珍しくありません。

料理の焦げ部分には大量のAGEが含まれているため、焼き物や揚げ物ばかり食べ過ぎると糖化を促してしまうのです。

糖はエネルギー源となる重要な栄養素ですが、適切な量を守らないと糖化によって実年齢上に老化する恐れも考えられるでしょう。

まとめ
糖の過剰摂取は糖化により発生する毒素“AGE”を増やし、体を焦げ付かせて老化を促す恐れがあります。

出典 AGE(終末糖化産物)とは?|AGE測定推進協会
肌のトラブルも老化も、原因は糖化だった!?本気の老化対策 | 太陽笑顔fufufu