アルコールと老化の関係

あなたがお酒好きという場合、アルコールと老化との関係を知っておいた方が良いですよ。

アルコールを過剰摂取すると肝臓に大きな負担をかけ、発がん性があると言われる“アセトアルデヒド”が大量に発生するのです。

アルコール代謝の過程で発生する物質がアセトアルデヒド。

アセトアルデヒドは活性酸素を増やしたり、AGEと呼ばれる老化因子の元になると言われています。

深酒は睡眠を阻害するため、寝ている間に行われる細胞の修復にも悪影響。

アルコールによる睡眠不足は肌のシワや乾燥、クマの発生にもつながっていきます。

適量のアルコールは血行促進やストレス解消など、アンチエイジングにプラスとなる面も。

百薬の長と呼ばれるお酒ですが、適切な量の摂取が大前提ということを理解しておきましょう。

まとめ
アルコールの摂りすぎは老化リスクを高めるアセトアルデヒドの増加を促すほか、睡眠への影響も深刻なため適量の摂取を心がけましょう。

出典 “お酒は百薬の長”はまぼろし? | 美と若さの新常識~カラダのヒミツ~|NHKブログ
お酒と老化の関係は?酒は百薬の長は本当か!【アンチエイジングコラム第12回】 | ナノ水素水キヨラビのコラム|高濃度水素水のKIYORAきくち

タイトルとURLをコピーしました