食事と老化の関係

あなたが食べる毎日の食事、老化の進行と深い関係があるのです。

食生活の基本は、バランスの取れた栄養摂取。

タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの「五大栄養素」の補給を心がけることが大切です。

脂質や糖質ばかりに偏る、野菜が極端に少ないなど、乱れた食事は老化の一因に。

ジャンクフードなど酸化した油が多い食事、甘いものなど糖質が多い食事は、それぞれ“酸化”・“糖化”と呼ばれる老化要因になります。

栄養が不足しすぎても脳や体の働きに悪影響となり、肌や髪の若々しさも失われていくでしょう。

食事バランスは大事ですが、好きなものを我慢せずに食べるということも大切。

ストレスを溜めすぎない程度に節制し、少しでも老化をおさえる食生活を目指してください。

まとめ
老化速度と関係があると言われる食事はバランスの良い栄養摂取を心がけ、ストレスを溜めないよう無理のない範囲で暴飲暴食を控えていきましょう。

出典 食生活の基本|アンチエイジングネットワーク
100歳以上の高齢者の長生きの秘訣 | 健康長寿ネット
老化の原因「糖化」を防止しよう | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア