くすみの原因

顔色の悪さや肌のトーンダウンに悩んではいませんか?

顔の肌色が全体的に濁る、暗く感じることを一般的に「くすみ」と呼びます。

くすみの原因は紫外線などの刺激によるメラニン増加、毛穴トラブルや血行不良、乾燥などです。

シミと同じで、紫外線による刺激から皮膚を保護するためにメラニンが増加します。

メラニンは黒い色素ですから、それが増えれば肌色も暗くくすむことに。

毛穴が開くとくすんで見えやすくなりますが、開いた毛穴の影が原因で肌色が暗く見えるため。

血行が悪いとそれだけで顔色が暗く見え、肌に必要な栄養も行き渡りにくくなるのです。

乾燥した肌はきめが粗くでこぼこしているため、潤った肌より影ができやすい状態に。

乾燥はターンオーバーを乱れさせ、さらなるくすみの原因にもなるでしょう。

まとめ
くすみの主な原因は紫外線によるメラニン増加ですが、毛穴トラブルや血行不良、乾燥肌なども関係しています。

タイトルとURLをコピーしました