老化で乾燥しやすくなる理由

老化により肌が乾燥しやすくなるのはなぜでしょうか。

一般的に年をとると皮脂分泌量が低下するため、肌が乾燥に傾きやすいと考えられています。

特に女性は男性よりも皮脂量が少ない傾向にあるほか、女性ホルモンの作用もあり乾燥トラブルが起きやすいようです。

老化で肌機能そのものが衰えるのも理由の1つ。

肌機能の衰えはターンオーバーやバリア機能などの低下にもつながり、潤いを保持する力が失われてしまうのです。

肌老化は加齢によるものだけと思われがちですが、NGなケアによって実年齢以上に老化が進むことも考えられます。

若いうちから紫外線対策不足、乱れたライフスタイルが習慣化すると、自然な老化以上の肌乾燥リスクが高まってしまうでしょう。

まとめ
老化による肌乾燥は皮脂量の低下や肌機能の衰えが原因ですが、NGなケアで必要以上に老化が進み乾燥が悪化する恐れもあります。

タイトルとURLをコピーしました