脳の老化の原因

脳がなぜ老化していくのか、具体的な原因を知っていますか?

脳老化の主な原因は、加齢による自然な現象です。

年齢を重ねると脳のシワが深く刻まれ、萎縮していきます。

萎縮とともに脳や神経の機能が低下。

代表的な老化症状である物忘れも、加齢による脳老化が主な原因と言えるでしょう。

自然に老化する以外では、酸化ストレスや疲労なども脳の老化を進行させると考えられています。

酸化ストレスとは、活性酸素が引き起こす体の錆び。

紫外線や不規則な生活、ストレス過剰などが理由で活性酸素が増えすぎると、脳や神経を錆びつかせて老化のリスクが高まるのです。

疲労の蓄積も同様に、脳の若々しい働きに支障をきたすと言われています。

まとめ
脳が老化する主な原因は加齢による自然な症状ですが、過剰な活性酸素や疲労の影響で老化リスクが高まる恐れがあります。

出典 脳の形態の変化 | 健康長寿ネット
疲れが老化を加速!?疲労をケアする新アンチエイジング法! | 太陽笑顔fufufu
脳、神経のはたらきの衰えと症状、疾患(のうしんけいのはたらきのおとろえとしょうじょうしっかん)とは – コトバンク