脳の老化とは

様々な老化症状の中でも、「脳」の老化は健康に直結する要素です。

主な症状としてあげられるのが“物忘れ”。

TVでよく見る有名人の名前が出てこなかったり、さっきまでやろうとしていたことを忘れてしまう。

頭の中にはあるとわかっているのに、どこに記憶したかわからなくなる……こんな表現が近くなると思います。

より症状が重くなると、“認知症”と診断されることも。

認知症はちょっとした物忘れと違い、体験したこと自体が記憶から抜け落ちたり、うつのような症状が出るとも言われます。

認知機能以外には、不眠や知覚障害なども脳神経の老化が影響すると考えられる症状。

肌や髪と違って直接目に見えない脳の老化、発見には早期の自覚や周囲の気づきが重要となるでしょう。

まとめ
脳の主な老化症状は物忘れや認知症などの認知機能の低下があげられ、不眠や知覚障害といった症状が出るケースも考えられます。

出典 脳の形態の変化 | 健康長寿ネット
30代から要注意!脳の老化の原因となる“脳過労”とは!?【ひでたけのやじうま好奇心】 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93
脳、神経のはたらきの衰えと症状、疾患(のうしんけいのはたらきのおとろえとしょうじょうしっかん)とは – コトバンク

タイトルとURLをコピーしました