女性ホルモンと肌の老化

美肌と密接な関係にあると言われる「女性ホルモン」の働きを知っていますか?

肌の弾力や張りの元であるコラーゲンやヒアルロン酸、その生成を促すと考えられているのが女性ホルモンの“エストロゲン”です。

月経周期で言うとエストロゲンが増える排卵前は肌荒れが少なく、皮脂を増加する黄体ホルモンが増える排卵後にはニキビなどが出やすいとされます。

女性ホルモンは年齢によってバランスが乱れたり、より加齢が進むと減少する傾向に。

ホルモンバランスの乱れは肝斑というシミの一因になるほか、加齢で女性ホルモンが急激に減ると閉経が起こります。

閉経後には更年期障害が起きやすく、その症状の中には肌の乾燥やかゆみなどが出る人も。

エストロゲンの減少は肌の張りや弾力を低下させ、シワやたるみといった老け肌の元になってしまうでしょう。

まとめ
女性ホルモンの中でも美肌に役立つと言われるエストロゲンですが、加齢で減少すると肌の張りや弾力が低下しシワやたるみの元になります。

出典 加齢の原因? 肌とホルモンの関係|エステ・メディカルエステなら【シーズ・ラボ】
知っておきたい、月経と肌の関係について | 資生堂ビノラボ | 資生堂グループ企業情報サイト
更年期による肌トラブルの原因と対策 /HADAEMI

タイトルとURLをコピーしました