女性ホルモンと老化

老化で起きる女性特有の症状には、女性ホルモンが深く関係しています。

一般的には50歳頃に女性ホルモンの分泌が大きく減り、閉経を迎えます。

中でもエストロゲンの減少は、ほてりや動機、多汗といった「更年期障害」の原因とも言われるのです。

更年期障害の症状は肉体的なものだけでなく、イライラや抑うつ気分など精神的なトラブルも特徴。

骨粗しょう症や薄毛、忘れっぽくなるなど様々な症状となって現れる恐れがあるでしょう。

女性ホルモンの著しい減少は、シミの一種である肝斑との関係も示唆されています。

肝斑は閉経後には消えると言われていますが、それも女性ホルモンの作用が関係しているのかもしれません。

加齢で起こる女性ホルモンの変化には個人差もあるので、それぞれに合った治療を医療機関で相談しましょう。

まとめ
加齢で女性ホルモンが急激に減ると閉経が起き、更年期障害の症状が出やすい一方で肝斑は消えていく可能性があります。

出典 内分泌系の老化 | 健康長寿ネット
女性の更年期|アンチエイジングネットワーク

タイトルとURLをコピーしました