体の老化とは

年をとると、体は具体的にどう老化していくのでしょうか。

一般的に老化が現れやすいのが、筋肉や骨。

筋力の衰えや骨密度の低下が起きやすくなり、運動機能も下がっていくのです。

特に全身の筋力低下が起こることを「サルコペニア」と呼び、疾患が関係する場合もありますが老化による症状の1つと考えられています。

加齢で細胞の数が減ると、腸など様々な臓器の働きが低下。

臓器の機能低下が起きれば、食べ物の消化吸収や排出、血液の循環など色々な悪影響につながるでしょう。

臓器の働きは免疫力とも関係するため、老化が進むほど疾患リスクが高まる恐れも。

見た目の変化や運動力が衰えるだけでなく、様々な機能低下が老化によって起きているのです。

まとめ
体の老化は筋力や骨の衰えのほか、内臓機能低下による様々な症状となって現れる恐れがあります。

出典 加齢に伴う体の変化 – 24. 高齢者の健康上の問題 – MSDマニュアル家庭版

腸、内臓の老化|アンチエイジングネットワーク

老化とは何か? | 健康長寿ネット