加齢による肌老化の仕組み

肌老化が進む具体的な仕組み知っていますか?

シミやシワなどの肌老化は、加齢と共に現れやすい症状です。

高齢者の皮膚の特徴としては、表皮の肥厚や免疫細胞の減少、真皮におけるコラーゲン合成の低下などが挙げられます。

表皮の厚みは角化した細胞の増加が主な原因と考えられ、肌のごわつきやキメの荒さの元に。

加齢によりターンオーバーが乱れると、不要な角質の排出が遅れて角質肥厚につながるのです。

肌の免疫系にランゲルハンス細胞がありますが、加齢と共に減ると言われています。

ランゲルハンス細胞は細菌や有害物質の侵入を防いだり、刺激に対する防衛機能などを備える免疫細胞。

その減少で健康な肌に支障をきたすと、シミや乾燥などさらなる肌老化を起こすと想像できます。

若々しい肌の元であるハリや弾力は、真皮で作られるコラーゲンにより実現するもの。

年齢を重ねると肌がたるみやすくなりますが、加齢でコラーゲンの合成能力が減少するためなのです。

まとめ
ターンオーバーの乱れ、免疫細胞の減少やコラーゲン合成の低下が、加齢による肌老化の主なメカニズムです。

タイトルとURLをコピーしました