老化はなぜ起きる?

老化が起きる原因の1つが加齢です。

生まれてから年齢を重ねることを一定の期間までは成長と表現しますが、生体機能の衰えなどを生じてくる頃には老化と呼ばれるようになります。

時間経過で老化が進む仕組みについては、細胞分裂寿命があらかじめ設定されているプログラム説、細胞内の物質やたんぱく質に不具合が起きるエラー説などが提唱されてきました。

加齢以外の老化要因としては、活性酸素による細胞の酸化やDNAの損傷、老化物質と言われるAGEsを生み出す糖化などの説があります。

ストレスや酸化した食事、紫外線などの影響で活性酸素が過剰に増えてしまうと、健康な細胞を傷つけ衰えさせます。

活性酸素によるDNA損傷は発ガンの原因とも言われており、機能の衰退だけでなく健康そのものを脅かす恐れも。

糖とたんぱく質が結びつくことで発生するAGEsが体内に溜まると、血管の老化を引き起こすと言われているのです。

血液は全身に栄養を運ぶ重要な存在ですが、血管の働きが低下するとそれがスムーズにいかず様々な器官の衰えに繋がっていくでしょう。

まとめ
老化の主な原因は加齢ですが、酸化や糖化など日常生活にも老化促進の危険性が潜んでいます。

タイトルとURLをコピーしました