からだ

老化による女性ホルモンを整えるには

肌や体に影響する女性ホルモンを整え、老化に負けない美を目指しましょう。 加齢によって減少する女性ホルモン、そのサポートには大豆イソフラボンがおすすめです。
からだ

女性ホルモンと肌の老化

美肌と密接な関係にあると言われる「女性ホルモン」の働きを知っていますか? 肌の弾力や張りの元であるコラーゲンやヒアルロン酸、その生成を促すと考えられているのが女性ホルモンの“
からだ

女性ホルモンと老化

老化で起きる女性特有の症状には、女性ホルモンが深く関係しています。 一般的には50歳頃に女性ホルモンの分泌が大きく減り、閉経を迎えます。
からだ

加齢でたるんだボディを引き締める方法

加齢で体がたるむのは仕方ない、そう思っていませんか? 年齢を重ねてのたるみは老化現象の1つですが、何もしないでいると体はたるむ一方。 加
からだ

バストの老化を防ぐには

老けバストを予防して、いつまでも若々しいスタイルをキープしませんか? 加齢によるバストの老化は仕方ありませんが、日頃のケアや対策によって老け度合いが左右される恐れがあります。
からだ

バストが老化する原因

女性らしい体に欠かせないバストにも、老化のリスクが潜んでいます。 一般的にバストは加齢とともに下垂し、張りも低下。 長期にわたって重力の
からだ

体の老化への対策

体の老いを感じているなら、すぐに対策をスタートさせましょう。 老化を実感しやすい運動機能の衰えは、適度な運動の習慣化によって予防できます。
からだ

体の老化の原因

あなたの体はなぜ老化していくのか、考えたことがありますか? 大きな原因は加齢であり、年齢を経て起きる様々な機能低下は老化現象の1つと言われています。
からだ

体の老化とは

年をとると、体は具体的にどう老化していくのでしょうか。 一般的に老化が現れやすいのが、筋肉や骨。 筋力の衰えや骨密度の低下が起きやすくな
糖化

食べ物以外の糖化対策

老化の引き金と言われる糖化は、食べ物以外での対策もポイントです。 糖化で増える毒素“AGE”の増加をおさえるには、血糖値のコントロールが大切。
糖化

調理方法で変わる糖化リスク

何気なく料理しているその方法で、糖化リスクは変わってしまいます。 糖化は体の老化を促す“コゲ”と言われますが、食材を熱した時に発生するコゲ目が糖化反応の証。
糖化

食べ物からの糖化予防

あなたが食べているその食事、老化要因「糖化」を促しているかも。 食生活から糖化を防ぐには、糖化の原因と言われる毒素“AGE”を蓄積させないことが大切です。
糖化

糖化への対策

体をコゲさせ老化を促すと言われる糖化、今すぐ対策を始めましょう。 糖化対策は原因物質とされる「AGE」を増やさないことが先決。 AGEは
糖化

糖化の原因

老け顔や病気のリスクを高める糖化、その原因を知っていますか? 糖と体内のたんぱく質などが結びついて発生する毒素“AGE”は、血糖値が高いほど生まれやすいと言われています。
糖化

糖化と老化の関係

老化との因果関係が示唆されている「糖化」をご存知でしょうか。 摂取した糖がたんぱく質や脂質などと結合して起きる糖化。 糖化により体内物質
酸化

ストレスと酸化の関係

多忙な生活でストレスが溜まりやすくなってはいませんか? 老化の要因と言われる体内の酸化は、ストレスによって増えやすくなると考えられています。
酸化

酸化対策に期待できる成分

活性酸素に効果が期待できる成分を知り、老化リスクをおさえましょう。 増えすぎた活性酸素の働きを抑えるには、ビタミンCやEなどの抗酸化成分が不可欠です。
酸化

食べ物からの酸化予防

老化要因である酸化の進行は、あなたの食生活に左右されるかもしれません。 酸化の元になる活性酸素は、食事から抗酸化成分を補うことで働きを抑えられます。
酸化

酸化への対策

体の老化が心配なら、その一因と言われる活性酸素対策を徹底するべし。 活性酸素は紫外線を浴びると増えやすいほか、タバコやストレスの影響も無視できません。
酸化

酸化の原因

老化との関係が示唆される体内の酸化、なぜ起きるか知っていますか? 身近にある酸化の原因と言われるのが、紫外線や大気汚染、タバコやストレスです。
酸化

酸化と老化の関係

老化に関わりがあるとされる“酸化”をご存知でしょうか。 人体で起きる酸化とは、取り込んだ酸素と体内物質が結びついて起きる化学反応のことです。
表情筋

表情筋を鍛える方法

皮膚たるみの一因“表情筋の衰え”は、トレーニングで鍛えられます。 ただし自己流や根拠のない方法を実践すると、かえってシワを増やすなどの恐れもあるので注意してください。
表情筋

表情筋が衰える原因

年を追うごとに顔がたるんできた、あなたもそう思っていませんか? 顔の皮膚がたるむ理由の1つは表情筋の衰えです。 表情筋は加齢とともに減少
表情筋

表情筋とは?

あなたが悩んでいる顔のたるみやシワ、その一因は“表情筋”の衰えかも。 表情筋とは顔の皮膚の下にある筋肉を指します。 笑う、泣く、怒るなど
紫外線

食べ物からの紫外線対策

紫外線による光老化を防ぎたいなら、食べ物からのケアも意識するべし。 夏野菜には色鮮やかなものが多いですが、夏の強烈な紫外線から自らを守るための栄養が豊富な証と言われています。
紫外線

一年中必要なUVケア

冬場や雨の日は紫外線対策をしなくていい、そう思っていませんか。 光老化を起こす紫外線は、季節や天気で量が変化するもののゼロになるわけではありません。
紫外線

紫外線への対策

肌老化の最大原因「紫外線」への対策を今すぐ始めましょう。 基本の対策といえば日焼け止めですが、大きく分けて“紫外線吸収剤”と“紫外線散乱剤”があります。
紫外線

紫外線の影響はどこに出やすい?

紫外線による光老化は、体のどの部分に現れやすいと思いますか? 一般的には、常に露出しており紫外線に晒されやすいパーツほど光老化の影響が出やすいと考えられます。
紫外線

紫外線による老化現象

紫外線を浴び続けると、様々な肌老化のリスクが待っています。 波長の長い“UV−A”は真皮にまで働きかける紫外線。 真皮のコラーゲンやエラ
紫外線

光老化の仕組み

肌老化の原因、ほとんどが紫外線によるものだと知っていますか? 紫外線を浴びて起きる「光老化」は、肌が老化する原因の80%とも言われています。
乾燥

老化乾燥を悪化させないために

肌の老化で乾燥が進むことは仕方ないと思っていませんか? 肌老化による乾燥を悪化させないためには、日頃のケア不足やNG習慣を改める必要があります。
乾燥

老化乾燥対策に期待できる成分

老化による乾燥が目立ってきたら、基礎化粧品の成分から見直しましょう。 乾燥には十分な潤いが欠かせません。 高保湿成分として知られるセラミ
乾燥

老化による乾燥への対策

肌老化が理由の乾燥で悩んでいませんか? 年齢を重ねると皮脂量の減少や肌機能の低下により、これまでのケアでは乾燥対策が不十分となる恐れがあります。
乾燥

老化で乾燥しやすくなる理由

老化により肌が乾燥しやすくなるのはなぜでしょうか。 一般的に年をとると皮脂分泌量が低下するため、肌が乾燥に傾きやすいと考えられています。
くすみ

くすみ対策に期待できる成分

くすみの原因別に、おすすめとなる化粧品の成分をチェックしましょう。 色素沈着が主な理由のくすみには、美白有効成分が◎。 ビタミンC誘導体
くすみ

食べ物からのくすみ予防

肌色を明るくさせたいなら、くすみ予防に役立つ食生活を始めるべし。 くすみの元になる紫外線やメラニンには、抗酸化作用のある食べ物やビタミンCがおすすめです。
くすみ

シミとくすみの違い

シミとくすみの基本的な違い、なんだと思いますか? 通常のシミ(老人性色素斑)は、狭い範囲に集中して発生している皮膚の変色です。 くすみの
くすみ

くすみやすいNG習慣

あなたのくすみが解消されない原因は、毎日のNG習慣にあるかも。 冬場や曇りの日に紫外線対策を怠っていませんか? 紫外線は季節や天候に関わ
くすみ

くすみへの対策

原因別にくすみへの対策を行い、肌トーンをアップさせましょう。 色素沈着が主な理由のくすみには、美白有効成分配合の化粧品を使うのが◎。 同
くすみ

くすみの原因

顔色の悪さや肌のトーンダウンに悩んではいませんか? 顔の肌色が全体的に濁る、暗く感じることを一般的に「くすみ」と呼びます。 くすみの原因
たるみ

たるみと肥満の関係

まだ若いから顔のたるみとは無縁…そう思っていませんか? 若年層でも肥満体型の人は顔の皮膚がたるみやすくなります。 太ると顔にも脂肪がつい
たるみ

たるみ対策に期待できる成分

いつものケアにたるみ対策成分を取り入れ、老け顔を予防しましょう。 張りを維持するためには真皮の健康維持が重要なので、真皮のコラーゲンを増やすビタミンC誘導体入り化粧品が効果的
たるみ

食べ物からのたるみ予防

何気なく食べているその食事、たるみ対策を意識していますか? 張りの状態を左右する真皮のコラーゲンには、ビタミンCが欠かせません。 パセリ
たるみ

たるみやすいNG習慣

あなたのたるみが改善されないのは、たるみやすいNG習慣が原因かも。 紫外線や乾燥への対策が不十分だと、真皮に悪影響となり張りが失われやすくなります。
たるみ

ダイエット後にたるむのはなぜ?

近年問題視される過激なダイエット、あなたも身に覚えがありませんか? 急激に体重を落とすことで発生しやすいのが、皮たるみです。 脂肪が増え
たるみ

たるみへの対策

顔のたるみが気になるあなたは、今すぐに対策を行いましょう。 たるみの主な原因は、真皮と表情筋の衰えです。 真皮のコラーゲンを増やす作用が
たるみ

たるみの原因

あなたの肌がたるんでしまう本当の原因を知っていますか? 加齢によって進行するたるみは、肌の弾力や表情筋の衰えが主な原因です。 お肌の弾力
シミ

食べ物からのシミ予防

毎日の食事からシミ予防を始めませんか? シミに効く成分といえばビタミンC。 身近な食材ですとパセリやピーマン、のり、キウイなどに豊富です
シミ

シミ対策に期待できる成分

いつも使う基礎化粧品に、シミに効く成分は入っていますか? シミ対策に効果的な成分の基本は美白有効成分です。 厚生労働省に認可されている美
シミ

シミができやすいNG習慣

シミに悩んでいるあなたは、シミを増やすNG習慣をしているかも。 シミができる大きな原因は紫外線ですが、一年を通してUV対策を行っていますか?
スポンサーリンク