毛穴って何だろう

   


毛穴に詰まった角栓を自力ですぐに処理する方法とその是非について

いちご鼻などの要因となる角栓詰まり。

スキンケアでの改善は時間がかかりますが、速攻で除去する方法にはどんなものがあるのでしょうか。

毛穴パックやコメドプッシャー、即効性はあるが常用は禁物

指や爪、ピンセットで無理やり角栓をとる行為はNG!

自力での処理は頻繁にしないこと。清潔、保湿などケアを徹底

スポンサーリンク

できてしまった角栓は自分でとってよいのか

通常角栓は自然に排出されるため、むやみにいじったり押し出す必要はありません。

ただ、角栓が大きくなり過ぎたり、頑固な角栓が長い間毛穴に詰まっていると非常に気になりますね。

自力で取ってしまう人もいるでしょう。

即効性のある自力での角栓除去、その方法と毛穴にかかる負担を知っておかなくてはなりません。

【毛穴パック】

シートを皮膚に貼り付け、その粘着力で角栓を抜き取るタイプの毛穴パック。

ドラッグストアなどで簡単に手に入り、目に見えて取れたことがわかるため病み付きになる人も多いのでは?毛穴パック自体が肌に負担となるのはもちろん、アフターケアがおろそかである、頻度が多いなどでさらに毛穴をボロボロにする恐れが。

正しい使い方が必須となるほか、肌質によっては避けた方が良いケースもあるでしょう。

洗い流すタイプもありますが、シートタイプよりも角栓に対する即効性は低くなります。
      

【ピンセット】

毛抜きなどにも用いるピンセットで、角栓をつまみ抜くという方法があります。

毛穴パックほど広範囲に影響を与えないものの、毛穴へのダメージは避けられません。

もともと角栓を抜くものではないため、ピンポイントで角栓を除去するのは難しいのです。

ピンセットが健康な毛穴、皮膚まで傷つけてしまい、トラブルの元になることもあるでしょう。
      

【コメドプッシャー】

角栓を押し出す専用の器具といえば「コメドプッシャー」がありますね。

毛穴を囲むように当てて圧力をかければ、角栓が押し出されるという仕組みです。

医療行為でも似たような器具を使って行う“面ぽう圧出”というものがあります。

しかし、医療行為でやるのと自力でコメドプッシャーを使うのは、当然ながら全くの別物。

素人仕事ではかえって毛穴を傷つける恐れもありますし、何度も繰り返し行う事で毛穴を広げてしまう場合も。

絶対にNGとまでは言えませんが、強く押しすぎたり不衛生な状態で行う、何度も繰り返し圧出するなど危険な方法はやめるべきですね。

参考サイト:角栓を取り除く、コメドプッシャー(角栓プッシャー)とは|メンズスキンケア大学
      

【爪や指で押し出す】

洗顔時などにもやってしまいがちなのが、爪や指で角栓を取ってしまう行為。

爪で引っ掻いたり、指でグイグイ押し出すというものです。

お分かりかと思いますが、この方法は全くおすすめできません。

毛穴という小さなパーツに詰まった角栓を綺麗に取れるとは考えられませんし、爪や手にどれほど雑菌が潜んでいるかを考えるとリスク大。

その刺激で毛穴トラブルが悪化することの方が多いと考えられます。

スポンサーリンク

どうしても自力で処理したければ

どうしても綺麗な毛穴にしたい!デートや大切な約束など、特別な日には誰しもそう願うでしょう。

角栓が詰まったままでは人目が気になり、それがストレスになることもゼロではないはず。

多用は禁物ですが、たまに行う程度であれば角栓除去を有効活用できることもあるでしょう。

どうしても自力で、速攻で角栓を摂りたい場合は専用品を使うことが大前提。

毛穴パック、もしくはコメドプッシャーになるでしょう。

繰り返しになりますが、頻繁に行ってはいけません。

決しておすすめできますよ、とは言えませんが、ここだけはというタイミングで正しく使うのがポイントです。

必ず清潔な状態の肌で行い、器具も同様。

入浴後など毛穴を柔らかくしてからが良いですね。

時間に余裕があるのなら、病院で面ぽう圧出を受けるべきでしょう。

処理後のケアについて

肌に負担をかける自力での角栓除去。

処理後は優しく、丁寧なケアでダメージを最小限に抑えなくてはなりません。

清潔な手で保湿ケアを行い、開いた毛穴に雑菌などが入らないよう注意。

火照るようであれば冷やしタオルなども活用します。

スポンサーリンク

 - 間違いやすい角栓のケア。ケア方法や正しい対策ってどんなもの?

執筆者:rihira

一般社団法人 日本スキンケア協会
認定:スキンケアアドバイザー

執筆者のプロフィール 

  あわせて読みたい